スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10

祝!十回目!祝ってやる!

日の出っていつなんだろうな。なんかもう疲れた。でも今日(一日経ったけど)で終わらせる。

紙を見てキーボードーを打つ、紙を見てキーボードを打つ。時々あくびをして打つ。過去の自分をムッコロス!にぱー。




これはMUGEN(もどき)SSです。原作崩壊が苦手な方はお引き取りください。


主な登場人物:平城樹(オリジナル)、藤堂晴香(寄生ジョーカー)





「そんな動物扱いしなくてもいいと思うんだが」
得能さんや晴香の言葉を聞き、工場に来たのだが、どうも面倒臭いことのような気がしてならない。
「ペットボトルを戻しに行くだけ、でいいよな」
小言でそう呟く。
工場の中に入ると、沙耶が食事をしている姿が見えた。しかも、丁寧と美味しそうに。女の子といってもやはり年頃なんだろう、肉を食べている。しかも、生で。それが、生のでなければ異常と言わずに済んだのに。
「沙耶・・・?」
言葉を引っ込めながらそれが沙耶であることを確認する。後ろ姿が見えないから沙耶じゃない可能性もある。
「沙耶なのか、もしそうだったら返事をしてくれ」
返字はなく、ただ食事をする。
「沙耶!」
勇気を出して呼びかける。
びくり、と肩を強張らせる。
「なに、お兄ちゃん。私がこんな風だったことを知って驚いているの?」
そう言うと食事をするのを止めてゆっくりと立ち上がる。声はいつもと変わらないがどこか冷たい。
「だから言ったじゃない、私は人間じゃないって。それを信じなかったお兄ちゃんが悪いんだよ?」
ああ、確かに言われたのに信じようとしなかった俺が悪い。だが―。
「一体これはどういうことなんだ」
「食事だよ」
「どうして生で食べる」
「美味しいから。お兄ちゃんも野菜を生で食べるでしょ?」
それとこれとは別だろ?野菜なら鮮度が出て美味しいとかで生でいけるが肉を生で食べれるはずがない。どんなに原始人でも火を通して食べるはずだ。
一問一答、ありのままに起こっていることを聞く。それを答える人が変質者や犬耳を生やした子なら納得できただろう。
「本当にお兄ちゃんって何者?」
「腹を壊さないのか、無理をしているのなら待っていろ。俺が直ぐに食事を持って来てやる」
「これが普通、無理なんかしていないよ」
沙耶は微笑む。
「お兄ちゃんこそ大丈夫、無理をしているような顔をしているけど」
「無理なんかしていない。ただ、事実を知って驚いているだけだ」
「嘘、ならどうして一歩ずつ下がっているの」
下がっている?
その言葉を聞いて自分が無意識のうちに下がっていたことに気がつく。
「安心して、人を食べないようにって吉郎に言われているから。せいとうぼーえいっていうのをするようなことにならない限り危なくないよ」
沙耶は微笑む。
なんだ、焦点がぶれてザーザーと電波を合わせるような音が聞こえはじめる。
「それにしても、やっぱりお兄ちゃんのことが気になるなあ」
ザーザーという音と共に声の調子に変化が生じる。
「お兄ちゃんも私と同じようだと思ったのに」
赤い物体と沙耶が入り混じりへんてこなものに見える。
「お前、沙耶なんだよな」
「そうだよ、私は瞬間で入れ替わるほどの力は持っていないもん」
ピーガーという音と共に沙耶らしき声がだんだんぐにゃりと曲がりはじめる。
「お兄ちゃん、多分私のことが人間に見えはじめなくなっているでしょ。仕方ないよね、私とお兄ちゃんは違う生き物なんだもん」
焦点が収まりはじめ声の調子も一定に保たれるような気がした。
「じゃあね、お兄ちゃん」
意識がなくなりその場に倒れる。
俺の調子が狂ったのだろうか、一瞬赤い肉の塊が見えたような気がした。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ダチュラ

Author:ダチュラ
一般人。ニンゲーン。現在の嫁リスト:李香緋、アネル、アナザーブラッド、野々原渚(NEW!)。嫁は優遇。可愛いは正義。時々変動するが嫌いになった訳ではなくどうでもよくなった訳でもない。

特別ゲスト:音無小鳥、朝倉涼子、鼎二尉、ほめ春香

特別ゲストは絶対的な優遇。

今したいこと:過去に戻って自分をムッコロス。

MUGEN小説は嫁とMUGENストーリー動画の出演が少ないキャラを優先。

何かあったら homeoharukamomatakawaiiメイドインヘヴン!yahoo.co.jp にメールを送ってください。メイドインヘヴン!→@でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。