スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7

話すネタがありません。ああ、そういえばブラインドタッチができるのについついキーボードを見てしまうのは何故でしょうか。癖なんでしょうか。見ない方が早いのに。

ぬっこぬこぬこ~ぬっこぬこ。

これはMUGEN(もどき)SSです。原作崩壊が苦手な方はお引き取りください。

今回の主な登場人物:平城樹(オリジナル)、藤堂晴香(寄生ジョーカー)




「お帰り、城樹」
晴香は俺の気配に気づくと後ろを向き挨拶をする。隣りには沙耶が半分飲んだ青い液体が置いてある。
「ただいま」
「どこに行っていたの」
「食事だ、李さんのところに行って来た。ついでに、スリーサイズを聞かれたが何て言えばいい」
「スリーサイズってそれはまたどうして」
「なんでも、看板娘になって欲しいらしい。それで、服を注文したいんだと」
「バニーやメイドかな」
「いや、袴かタキシード」
「マニアックね、何か意味があるのかしら」
「ありきたりのコスプレじゃ駄目だって言っていた」
ふーんと晴香は感心する。
「わかった、なんか楽しそうだから測っておく」
「そうか」
「城樹もしてみたらどう、きっと楽しいわよ」
「気味が悪いだけだから遠慮する」
仮に楽しかったとしても周りから見ればただの変質者だしな。俺が着飾っても意味がない。
晴香は「そう」と言い立ち上がる。
「行くわよ」
「行くってどこに、昼食を食べていないのか」
「病院よ、もう一回行って確かめるの。絶対に得能吉郎に会ってみせるんだから」
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ダチュラ

Author:ダチュラ
一般人。ニンゲーン。現在の嫁リスト:李香緋、アネル、アナザーブラッド、野々原渚(NEW!)。嫁は優遇。可愛いは正義。時々変動するが嫌いになった訳ではなくどうでもよくなった訳でもない。

特別ゲスト:音無小鳥、朝倉涼子、鼎二尉、ほめ春香

特別ゲストは絶対的な優遇。

今したいこと:過去に戻って自分をムッコロス。

MUGEN小説は嫁とMUGENストーリー動画の出演が少ないキャラを優先。

何かあったら homeoharukamomatakawaiiメイドインヘヴン!yahoo.co.jp にメールを送ってください。メイドインヘヴン!→@でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。