スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝倉涼子の退屈

オレノヨメ、片仮名で書くと格好よく見える罠。
 
今回の嫁:朝倉涼子(涼宮の~シリーズ出身)

よくいるキャラは出さない予定だからもしかしたら自分の作品では涼子みたいな人が多いかもしれません。

何故朝倉涼子が嫁リストを通り越していきなり特別ゲストになったのかは後日書きたいかなと。
一応、特別ゲストになる前に嫁リストに入ることになっているんですけどね。

嫁のSSと言っても嫁と戯れているわけではなくプロローグ的な何かになっています。
明日更新するとしたらそれはきっと東方っすよ。

学校生活とは即ち青春である。
そのような、熱血漫画で聞けば情熱的な言葉になり、ナンパをしている人が言えば変態的になる言葉をどこかで聞いた。
どこかとはどこなのかと聞かれると、俺は絶対的な記憶がある訳じゃなく、その言葉に魅力を感じた訳じゃないから、プロテニスプレイヤーだったっけ、それとも昨夜観たアニメの思春期少年だったっけといった感じにあやふやで正確に答えることはできないが、どこの誰が言ったにしろ、俺はその言葉に賛成をする。
勘違いをしないで欲しいが、別にスポーツや学問に熱を入れているわけでもないし片思いをしている子がいる訳でもない。面倒臭がり屋なのかそれとも無関心なのか、何かに熱を入れたことがなければ恋愛をしたことも今まで一度もないのだ。
事実、過去に青春を楽しもうとしてあれこれとスポーツをしてみたり、できない教科を必死にしてみたりしたのだが、疲れたり褒められたりするだけで終わり、その行為は黒歴史の三文字で片付いた。
何かに熱を入れようとしても脳内で反乱分子が声を上げながらデモ行進をするだろう。
それに、恋をするにしても周りにそういう対象はいないから諦めるしかない。
そんな俺がどうして学校は青春という言葉に賛成をするのか。
それは、人生は一度しかないからだ。
どうせ一度だけの人生なら青春を楽しみ色々な体験をしたい。
神様、もしこの声が聞こえるなら何かに熱を入れることができなくてもせめて彼女をくれ。条件は可愛くて中身がある
同じ歳の女の子という条件以外出さない。
いつも神なんていないと言い馬鹿にしているが時々そんなことを思い身勝手だと知りながら神に頼みごとをすることもある。
だが、そんなことをしながらも時が経つのは早くこんな俺もとうとう高校一年生になってしまった。
果たして、俺に青春なんていうものはあるのだろうか。結局このまま何もなく、青春があると思っていましたなんて言うことになるのではないのだろうか。


そして現在、朝倉涼子という子に会い見事青春をしているのだが、それは恋愛漫画やラブコメディのような甘いものではなくて、むしろホラーやファンタジーにあるデンジャラスなものだった。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ダチュラ

Author:ダチュラ
一般人。ニンゲーン。現在の嫁リスト:李香緋、アネル、アナザーブラッド、野々原渚(NEW!)。嫁は優遇。可愛いは正義。時々変動するが嫌いになった訳ではなくどうでもよくなった訳でもない。

特別ゲスト:音無小鳥、朝倉涼子、鼎二尉、ほめ春香

特別ゲストは絶対的な優遇。

今したいこと:過去に戻って自分をムッコロス。

MUGEN小説は嫁とMUGENストーリー動画の出演が少ないキャラを優先。

何かあったら homeoharukamomatakawaiiメイドインヘヴン!yahoo.co.jp にメールを送ってください。メイドインヘヴン!→@でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。