スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2

あることに気付いたから部分的に上げます。


「よお、謙作。調子はどうだ」
オヤジは微笑みながら、俺の右肩をぽんぽんと軽く叩き、話しかけて来る。勿論、オヤジというのはあだ名で、俺の父親というわけではない。幼稚園のときから既に髭があり、尚且つどこかおじさん臭いところからオヤジというあだ名がついている。本人は、
「この顔のおかげで親しまれるし、事実経験が豊富だからいいんだよ」
と言って笑うが俺だったら言われたくない。
「べつに、よくもなければ悪くもない。微妙って言ったところか」
体調が悪ければ病院に行くか家で寝ているし元気なんて出し方がわからん。
「そうか、マツリの所為で皆おかしくなっているから微妙でなによりだ」
「今からバイトか」
「ああ。本当は休日で、裏店でお前と吉行と俺とで一日中話し合う予定だったんだが、体調を崩した人がいたらしく、代わりに行くことになった」
ありがとう、体調を崩した人。皮肉の意味を込めないでそう言わせてもらう。
「ちなみに聞くがどんなバイトなんだ」
「秘密、冷やかしは困るからな」
オヤジは腕時計を見て息を吐く。
「そろそろ行くな、せいぜいマツリを楽しんで行け」


スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ダチュラ

Author:ダチュラ
一般人。ニンゲーン。現在の嫁リスト:李香緋、アネル、アナザーブラッド、野々原渚(NEW!)。嫁は優遇。可愛いは正義。時々変動するが嫌いになった訳ではなくどうでもよくなった訳でもない。

特別ゲスト:音無小鳥、朝倉涼子、鼎二尉、ほめ春香

特別ゲストは絶対的な優遇。

今したいこと:過去に戻って自分をムッコロス。

MUGEN小説は嫁とMUGENストーリー動画の出演が少ないキャラを優先。

何かあったら homeoharukamomatakawaiiメイドインヘヴン!yahoo.co.jp にメールを送ってください。メイドインヘヴン!→@でお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。